<span id="bvfxh"></span>

        <noframes id="bvfxh"><span id="bvfxh"></span>
        search Global

        ウーブン?アルファ、いすゞ、日野、自動地図生成プラットフォームの活用に向けた検討を開始

        経営

        2021年6月8日

        ~より安全な自動運転および先進運転支援技術の普及をめざす~

        ウーブン?アルファ株式会社
        いすゞ自動車株式会社
        日野自動車株式会社

         トヨタ自動車株式会社(以下「トヨタ」)の子会社であるウーブン?プラネット?ホールディングス株式会社(本社:東京都中央区、CEO:ジェームス?カフナー)のグループ会社であるウーブン?アルファ株式会社(以下「ウーブン?アルファ」)、いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:片山正則、以下「いすゞ」)および日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長:下義生、以下「日野」)は、ウーブン?アルファが開発する自動地図生成プラットフォーム(Automated Mapping Platform、以下「AMP」)の活用に向けた検討を進めていくことで合意しました。

         AMPは、様々な企業から提供される車両や衛星画像等のデータを活用して高精度の地図を生成し、ユーザーに提供するクラウドソース型のオープンなプラットフォームです。AMPで生成される高精度地図は、道路上の車線や道路標識、信号等の位置情報に加え、カーブなどの道路形状も含み、これらの情報の更新頻度を高めることで、より安全な自動運転および先進運転支援技術を搭載したモビリティの実現を支えます。また、AMPにより高精度な地図を日本だけでなくグローバル規模で展開することをめざします。

         今後、ウーブン?アルファ、いすゞ、日野の三社は、高精度な地図を使った自動運転や先進運転支援技術による、より安全な物流の実現をめざし、AMPの小型トラックを中心とした領域への活用を検討していきます。今回の活動は、トヨタがいすゞ、日野と公表したCASE対応を加速させるプロジェクト(Commercial Japan Partnership)としても位置付け、より安全な自動運転および先進運転支援技術の普及に貢献していきます。

        以上



        SDGs(持続可能な開発目標)達成への貢献】
        本件は、③「お客様ビジネスの発展支援」を通じて、SDGsの以下の目標達成に貢献します。日野では、自由に安全に効率的に、人と物が移動する「豊かで住みよい持続可能な社会」の実現を目指し、お客様?社会への価値提供として①日野車による「交通死亡事故ゼロ」、②「CO?排出量の大幅削減」、③「お客様ビジネスの発展支援」、④「人流?物流の更なる効率化」の4つに取り組んでいます。

        本件は、同じ志を持つパートナーとともに取り組むことにより、SDGsの以下の目標達成に貢献します。

        【1】安心?安全で、環境にやさしく、人と物が、自由に最適に移動できる社会の実現
        交通死亡事故ゼロ、CO?排出量の大幅削減、人流物流のさらなる効率化によって、「豊かで住みよい持続可能な社会」実現を目指します。


        【2】同じ志を持った仲間づくり(あらゆる力を結集した社会課題解決)
        日野グループだけにとどまらず、同じ志を持つ企業とパートナーになり、社会課題解決に取り組みます。

        (参考)
        SDGsと日野の戦略?取組み(PDF)
        安心?安全で、環境にやさしく、人と物が、自由に最適に移動できる社会の実現(PDF)
        同じ志を持った仲間づくり(PDF)

        HINO TOPICS

        サイト内検索