<span id="bvfxh"></span>

        <noframes id="bvfxh"><span id="bvfxh"></span>

        いすゞ、日野、トヨタ、商用事業でCASE対応加速

        経営

        2021年3月24日

        ―新たな協業で輸送課題の解決やカーボンニュートラル実現への貢献を目指す―

        いすゞ自動車株式会社
        日野自動車株式会社
        トヨタ自動車株式会社

         いすゞ自動車株式会社(以下、いすゞ、本社:東京都品川区、代表取締役社長:片山 正則)と日野自動車株式会社(以下、日野、本社:東京都日野市、代表取締役社長:下 義生)およびトヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ、本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男)は、本日、商用事業において新たな協業に取り組むことに合意しました。

         いすゞと日野が培ってきた商用事業基盤に、トヨタのCASE技術を組み合わせることで、CASEの社会実装?普及に向けたスピードを加速し、輸送業が抱える課題の解決やカーボンニュートラル社会の実現に貢献することを目指します。

         具体的には、3社は、小型トラック領域を中心に、EV?FCV、自動運転技術、電子プラットフォームの開発に共同で取り組みます。EV?FCVについては、3社が共同で取り組むことで車両コストの低減をはかるとともに、福島県における水素社会実証へのFCトラックの導入をはじめ、インフラと連携した社会実装を進め、普及に向けた取り組みを加速させていきます。

         また、3社のコネクティッド基盤をつなぎ、お客様の課題解決につながる商用版コネクティッド基盤を構築するとともに、様々な物流ソリューションの提供にも取り組んでいきます。商用車の輸送効率を向上させることで、CO2排出量の低減にも貢献していきます。

         協業を推進するため、新会社「Commercial Japan Partnership Technologies(コマーシャル?ジャパン?パートナーシップ?テクノロジーズ)」を設立します。新会社は、3社での議論を踏まえ、商用車におけるCASE技術?サービスの企画を行います。

         今後、いすゞ?日野?トヨタは、協業内容を深めるとともに、志を同じくするその他のパートナーとの連携についても、オープンに検討していきます。

        いすゞとトヨタの資本提携について
         本協業の円滑な構築?推進を目指すため、いすゞ?トヨタは資本提携に関する合意書を締結いたしました。

         トヨタは、いすゞが実施する第三者割当による自己株式の処分により、いすゞの普通株式39,000,000株(2020年9月末日現在発行済株式総数に対する所有割合4.60%、割当後の議決権割合5.02%)総額428億円を取得する予定です。
        また、いすゞは市場買付により同額規模のトヨタ株式を取得する予定です。

        <協業の背景>
         CASE革命により、自動車業界が「100年に一度の大変革期」を迎える中、いすゞと日野は、電動化やコネクティッドを中心に、商用車ならではの特性に合わせたCASE対応に取り組んでまいりました。

         トヨタは、モビリティ?カンパニーへのフルモデルチェンジを目指し、CASE技術への先行投資と仲間づくりを加速してきました。電動化においては、全方位での技術開発に取り組み、HVの普及やFCVのいち早い実用化など、車両の電動化を推進してきました。

         昨年、日本政府が示した「2050年カーボンニュートラル社会」という目標に向けてCO2の削減を進めていくためには、乗用?商用ともに、地域ごとのエネルギー事情に対応する形での車両の電動化と省エネ技術が、今まで以上に重要な意味を持つようになります。

         また、デジタル化の進展に伴い、車両データや様々な情報をつなげることで、人々の生活をより安全?安心に、より豊かにする新しいサービスへの期待が高まっています。

         CASE技術は、広く普及して初めて社会への貢献につながります。普及において重要な役割を果たすのが、経済?社会を支えるために長距離?長時間稼働し、インフラと連携して導入を進めやすい商用車です。カーボンニュートラルの観点でも商用車は大きな役割を果たすことができます。

         また、商用車を使って人?モノの移動を支える輸送業が直面する、輸送効率の向上、ドライバーの人手不足や長時間労働をはじめとする様々な課題に対して、コネクティッドを中心に、CASEの力で改善をはかることが期待されています。

         こうした社会課題の解決は、1社単独でできるものではなく、志を同じくする仲間を広く求め、それぞれ違う強みを活かして、輸送に関わる仲間のために、世の中のために、力を合わせていくことが必要になります。

         このような状況を踏まえ、いすゞと日野は、両社で協調して商用車のCASE対応を進めること、トヨタは両社の商用事業を通じて、CASE技術の社会実装を加速させることが必要だと考えるに至りました。

         こうした認識のもと、3社は、商用事業での新たな協業に取り組むことを決定しました。

        <新会社の概要>

        会社名

        Commercial Japan Partnership Technologies株式会社

        所在地

        東京都文京区後楽1丁目4-18

        資本金

        1,000万円(資本構成:トヨタ80%、いすゞ10%、日野10%

        代表 代表取締役社長 中嶋 裕樹
        (トヨタ自動車株式会社 CV Company President
        事業開始期 2021年41
        事業内容 商用車におけるCASE技術?サービスの企画
        以上


        CJP01.jpg
        CJP02.jpg


        SDGs(持続可能な開発目標)達成への貢献】
        日野では、自由に安全に効率的に、人と物が移動する「豊かで住みよい持続可能な社会」の実現を目指し、お客様?社会への価値提供として①日野車による「交通死亡事故ゼロ」、②「CO?排出量の大幅削減」、③「お客様ビジネスの発展支援」、④「人流?物流の更なる効率化」の4つに取り組んでいます。
        本件は、志を同じくする仲間との取り組みを通じて、SDGsの以下の目標達成に貢献します。

        【1】
        安心?安全で、環境にやさしく、人と物が、自由に最適に移動できる社会の実現
        交通死亡事故ゼロ、CO?排出量の大幅削減、人流物流のさらなる効率化によって、「豊かで住みよい持続可能な社会」実現を目指します。

        【2】
        トラック?バス事業における各ステップで、環境負荷最小化

        トラック?バスが地球に与える環境負荷を極限まで低減する取り組み『日野環境チャレンジ2050』で、地球温暖化防止、資源循環、生物多様性保全などに貢献します。

        【3】
        同じ志を持った仲間づくり
        (あらゆる力を結集した社会課題解決)
        日野グループだけにとどまらず、同じ志を持つ企業とパートナーになり、社会課題解決に取り組みます。


        (参考)
        SDGsと日野の戦略?取組み(PDF)
        安心?安全で、環境にやさしく、人と物が、自由に最適に移動できる社会の実現(PDF)
        トラック?バス事業における各ステップで、環境負荷最小化(PDF)
        同じ志を持った仲間づくり(PDF)

        HINO TOPICS

        サイト内検索