<span id="bvfxh"></span>

        <noframes id="bvfxh"><span id="bvfxh"></span>

        日野自動車、小型トラック「日野デュトロ」を改良して新発売

        商品?技術情報

        2021年3月22日
        No.21-004

         日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、社長:下義生、以下 日野)は、小型トラック「日野デュトロ」を改良し、325日に発売します。

         今回の改良では、車内外のミラーとリヤバンパーの形状を一部変更し安全性が向上したほか、車両総重量7.5t未満車をJ-OBD1に適合させています2。また、エンジンの統合によって車両総重量7.5超の一部車型で燃費が向上し、CO2排出量の低減に貢献します。

         日野は、豊かで住みよい持続可能な社会の実現を目指して、中期経営戦略「Challenge2025」において「安全?環境技術を追求した最適商品の提供」「最高にカスタマイズされたトータルサポート」「新たな領域へのチャレンジ」の3つの方向性で取り組んでいます。今後もお客様の物流におけるパートナーとして貢献できるよう、挑戦を続けてまいります。

        ■日野デュトロ イメージ

        日野デュトロハイブリッド.jpg

        ■東京地区希望小売価格(代表車型)                                      

        車名

        仕様?型式

        仕様

        エンジン

        トランスミッション

        価格

        (消費税抜き)

        日野デュトロ ハイブリッド
        2SG-XKU710M-TQVMY

        ワイドキャブ
        ロングボデー
        全低床

        N04C-WE
        110kW
        150PS
        Pro Shift
        6 AMT

        6,220,280
        5,654,800円)

        日野デュトロ
        2RG-XZC605M-TQTMY

        標準幅キャブ
        標準長ボデー
        全低床

        N04C-WD
        110kW
        150PS
        6速AT

        5,056,480
        4,596,800円)

        1 J-OBDⅡ:排出ガスに影響を与える部品とセンサーが故障した際に検出、通知、部品の特定、情報の把握を行う車載故障診断装置。設置が義務化され、202191日より規制適用開始。
        2 車両総重量7.5超車は2019年の改良で対応済み。

        以 上


        SDGs(持続可能な開発目標)達成への貢献】
        日野では、自由に安全に効率的に、人と物が移動する「豊かで住みよい持続可能な社会」の実現を目指し、お客様?社会への価値提供として①日野車による「交通死亡事故ゼロ」、②「CO?排出量の大幅削減」、③「お客様ビジネスの発展支援」、④「人流?物流の更なる効率化」の4つに取り組んでいます。
        本件は、①日野車による「交通死亡事故ゼロ」」、②「CO?排出量の大幅削減」を通じて、SDGsの以下の目標達成に貢献します。

        【安心?安全で、環境にやさしく、人と物が、自由に最適に移動できる社会の実現】
        交通死亡事故ゼロ、CO?排出量の大幅削減、人流物流のさらなる効率化によって、「豊かで住みよい持続可能な社会」実現を目指します。

        【トラック?バス事業における各ステップで、環境負荷最小化】
        トラック?バスが地球に与える環境負荷を極限まで低減する取り組み『日野環境チャレンジ2050』で、地球温暖化防止、資源循環、生物多様性保全などに貢献します。

        (参考)
        SDGsと日野の戦略?取組み(PDF)
        トラック?バス事業における各ステップで、環境負荷最小化(PDF)

        HINO TOPICS

        サイト内検索