<span id="bvfxh"></span>

        <noframes id="bvfxh"><span id="bvfxh"></span>

        Hacobuと日野自動車、オープンな物流情報プラットフォームの構築に向け、データ連携を開始

        その他

        2020年5月21日

        Hacobuの物流管理ソリューション「MOVO」に日野自動車のトラック位置情報を接続

        株式会社Hacobu
        日野自動車株式会社

         株式会社Hacobu(ハコブ、本社:東京都港区、代表取締役社長CEO 佐々木太郎、以下「Hacobu」)と日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長 下義生、以下「日野」)は、オープンな物流情報プラットフォームの構築に向けた協業の第一弾として、Hacobuのデジタル物流情報プラットフォームと日野の商業物流?人流プラットフォームの連携を開始いたしました。

         Hacobuと日野は、ドライバー不足に代表される物流にまつわる社会課題の解決を目指して20199月に資本業務提携契約を締結しました。オープンな物流情報プラットフォームの構築と具体的なソリューションの実現に向けて検討を進めており、その第一歩としてこのたびHacobuの物流管理ソリューション「MOVO」に日野のトラック車載GPSの位置情報を接続させます。
        そのうえで、2020年中に、Hacobuが提供する「MOVO」において日野のトラック車載GPSの位置情報を活用したサービスを開始する予定です。

        ■プラットフォーム連携の将来イメージ図
        rev_図1.png

         なお、これはHacobu20199月に採択された、国立研究開発法人新エネルギー?産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業「Connected Industries推進のための協調領域データ共有?AIシステム開発促進事業」における取り組みの一環です。本事業の中で掲げる物流情報プラットフォームに、今回の連携によって収集する位置情報を蓄積し、物流の最適化のためにオープンに活用することを目的としています。
        Hacobuは既に位置情報連携のためのAPI仕様を定義しており、今後は物流情報プラットフォームと連携する位置情報の保有事業を募り、連携先パートナーを強化いたします。

         またHacobuは、物流情報プラットフォームにAPIを通じて接続する他サービス事業者に、一定のルールに基づき位置情報を提供するサービスを順次開発する予定です。本サービスによって、ドライバーの人手不足、トラックの長時間待機、低い積載効率などの物流課題を解決する他サービス事業者による新サービスの創出を支援してまいります。

         日野は、2017年発売の新型大中型トラック?観光バス、2019年発売の新型小型トラックより通信車載機の搭載を開始、20203月までに約105千台のコネクティッドトラック?バスを生産しております。トラック?バスのコネクティッド化を進めるとともに、車両から取得したデータを利活用し、ドライバー不足をはじめとする物流?人流にまつわるお客様と社会の課題解決に役立てるため、商業物流?人流プラットフォームの構築を進めています。Hacobuはじめ、現在推進中の様々なパートナーとの協業を通じ、車両の稼働状況や荷物、倉庫といったさまざまなデータを連携させることで、物流?人流プロセスの全体最適化、さらには物流品質の向上をはじめとする新たな価値の創出を目指しています。

        ※ API (Application Programming Interface): あるソフトウェアを一部公開し、外部のソフトウェアと機能を共有、利用できるようにする規約のこと。

        <ご参考>
        MOVO(ムーボ)について
        MOVOは、SaaS型の物流管理ソリューションとして、待機時間でトラックを効率的に稼働させられない問題、トラックが手配しにくい問題、そしてトラックの位置情報を把握できない問題等を解決するためのクラウドサービスを提供します。上記ソリューションの提供によって、物流情報がクラウド上でやりとりされる物流情報プラットフォームを形成し、そのデータが標準的なフォーマットで蓄積?分析されることで、全体としての物流が業界?事業者の枠を超えて最適化された社会を実現します。その過程において、ロジスティクス業界でデジタルトランスフォーメーションを推し進め、AIなどのテクノロジーを普及させることを企図しています。
        MOVOの名前の由来はmove(移動する)とoptimization(最適化)をかけ合わせた造語です。ミッションである「運ぶを最適化する」という思いが込められています。

        ■Hacobuについて
        Hacobuは、「運ぶを最適化する」をミッションとして、企業間物流の最適化を目指し、デジタル物流情報プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」を提供する会社です。
        商号 : 株式会社Hacobu
        設立 2015630
        所在地 : 〒108-0073 東京都港区三田3丁目1217号 プレクスビルディング3
        代表 : 代表取締役社長CEO 佐々木 太郎
        URL https://movo.co.jp/
        事業内容 : 物流向けアプリケーション及びハードウェアの開発?販売、貨物利用運送事業

        ■日野自動車について
        商号 : 日野自動車株式会社
        設立 194251
        所在地 : 〒191-8660 東京都日野市日野台3-1-1
        代表 : 代表取締役社長 最高経営責任者 下 義生
        URL http://www.pukkachukkas.com/
        事業内容: トラック?バスの開発?製造?販売


        SDGs(持続可能な開発目標)達成への貢献】
        日野では、自由に安全に効率的に、人と物が移動する「豊かで住みよい持続可能な社会」の実現を目指し、お客様?社会への価値提供として①日野車による「交通死亡事故ゼロ」、②「CO?排出量の大幅削減」、③「お客様ビジネスの発展支援」、④「人流?物流の更なる効率化」の4つに取り組んでいます。
        本件は、④「人流?物流の更なる効率化」について同じ志を持つパートナーとともに取り組むことにより、SDGsの以下の目標達成に貢献します。

        安心?安全で、環境にやさしく、人と物が、自由に最適に移動できる社会の実現
        交通死亡事故ゼロ、CO?排出量の大幅削減、人流物流のさらなる効率化によって、「豊かで住みよい持続可能な社会」実現を目指します。

        同じ志を持った仲間づくり(あらゆる力を結集した社会課題解決)
        日野グループだけにとどまらず、同じ志を持つ企業とパートナーになり、社会課題解決に取り組みます。

        (参考)
        SDGsと日野の戦略?取組み(PDF)
        安心?安全で、環境にやさしく、人と物が、自由に最適に移動できる社会の実現(PDF)
        同じ志を持った仲間づくり(PDF)

        HINO TOPICS

        サイト内検索