<span id="bvfxh"></span>

        <noframes id="bvfxh"><span id="bvfxh"></span>
        search Global

        HINO TOPICS

        日野自動車、小型トラック「日野デュトロ」に積載量1.5tクラスを新規設定

        ニュース  2021.7.26

        日野自動車、小型トラック「日野デュトロ」に積載量1.5tクラスを新規設定

        小型トラック「日野デュトロ」に新たに積載量1.5tクラスを設定し、8月2日に発売します。
        4ナンバーとしてフルサイズの積載力を備え、自家用ユーザーはじめ幅広いニーズにお応えする車両で、都市内配送?運搬を想定した取り回しやすさが特長です。
        今後もお客様の物流におけるパートナーとして貢献できるよう、挑戦を続けてまいります。

        <インタビュー>エコと安全の両立で社会課題に挑む

        商品?技術情報  2021.6.10

        <インタビュー>エコと安全の両立で社会課題に挑む

        地球温暖化、重大交通事故、少子高齢化に伴うドライバーをはじめとした労働力不足など、一層複雑化?深刻化する物流業界を取り巻く社会課題。日野のお客さまである物流事業者さまにおいては、これらの課題解決に向けさまざまな取り組みを推進されています。
        今回は、「環境」と「安全」における大きな課題に真向から取り組まれている西濃運輸さまに、活動にかける想いやその内容、今後の展望などについてお話を伺いました。

        ウーブン?アルファ、いすゞ、日野、自動地図生成プラットフォームの活用に向けた検討を開始

        ニュース  2021.6.8

        ウーブン?アルファ、いすゞ、日野、自動地図生成プラットフォームの活用に向けた検討を開始

        トヨタの子会社であるウーブン?プラネット?ホールディングスのグループ会社であるウーブン?アルファ、いすゞおよび日野は、ウーブン?アルファが開発する自動地図生成プラットフォーム(Automated Mapping Platform)の活用に向けた検討を進めていくことで合意しました。
        今後、高精度な地図を使った自動運転や先進運転支援技術による、より安全な物流の実現をめざし、AMPの小型トラックを中心とした領域への活用を検討していきます。この活動は、トヨタがいすゞ、日野と公表したCASE対応を加速させるプロジェクト(Commercial Japan Partnership)としても位置付け、より安全な自動運転および先進運転支援技術の普及に貢献していきます。

        福島県での水素を活用した新たな未来のまちづくりに向けた検討を開始

        ニュース  2021.6.4

        福島県での水素を活用した新たな未来のまちづくりに向けた検討を開始

        福島県とトヨタ自動車株式会社は、様々なパートナーの皆様とともに、「福島発」の水素?技術を活用した新たな未来のまちづくりに向けた社会実装の検討を開始しました。
        日野は、カーボンニュートラルの実現を目指し、福島県およびトヨタ自動車より発表されたこの取組みに参画いたします。いすゞ自動車とトヨタ自動車との協業プロジェクト「Commercial Japan Partnership」において「福島発」の新たな未来のまちづくりに貢献すべく、取り組んでまいります。

        電動車導入?運用における課題に対するソリューション提供に取り組む新会社「CUBE-LINX」

        新たな領域  2021.06.09

        電動車導入?運用における課題に対するソリューション提供に取り組む新会社「CUBE-LINX」

        人やモノの移動を支えるすべてのお客様に対し、モビリティとエネルギーおよびその最適稼働システムを提供し、環境経営に取り組む上での課題解決をご支援しながら社会の継続的な発展を図ります。

        MORE

        サイト内検索