<span id="bvfxh"></span>

        <noframes id="bvfxh"><span id="bvfxh"></span>
        HINO

        販売会社メカニック インタビュー

        東京日野自動車(株)
        本社 TS推進部 2008年入社

        渡邉 恭史さんYASUFUMI WATANABE

        タ?カール?ラリーは、整備士として「あこか?れ」の舞台。
        過酷な環境て?も冷静に行動て?きるよう、自信をつけて本番に臨みたい!

        もともと子どもの頃からレースは好きでしたが、ドライブする方より、クルマいじりの方に興味がありメカニックになったんです。同じ販社の先輩がダカール?ラリーに参戦したこともあって、自分もチャレンジしましたけど、さすがに4月の選考会後の合格発表はドキドキしてしまいました。やっぱりダカール?ラリーは夢の存在だし、整備士として「あこがれ」の舞台ですから。

        6ヶ月以上チームで経験させてもらって、いま私は2号車を担当させてもらっています。いい車に仕上がっていると思いますよ。2号車は、1号車とは全く違うんです。トランスミッションがまったく違うし、配置されている位置も違う。テスト走行を経て、色々と調整したり、とにかく大変でしたけど、だからこそ愛着もあるし、いまの仕上がりであれば、本番は期待が持てると思います。

        ダカール?ラリーは、スピードを競うよりも冒険心のあるレースのイメージ。そこに順位がついてくるので、自分のすべきことをやって、チームのために貢献していきたい。現地の環境などもまだよくわからないのですが、どういう壊れ方をするのか、過酷な環境でどう対応するかなど、チームの諸先輩方を見習って、現地であたふたしないようにしたいと思います。とにかくミスなくやることだけを目指していきたいです。

        トラック部門総合5位以内に入ることが、チームとしての目標ですが、自分自身としては販社から送り出してくれていることで色々と迷惑もおかけしているので、今回の経験を活かして会社の仕事に役立つこと、大切なことを見つけて持って帰ることが、もう一つの目標です。本番を目前にして、いまは不安よりも行くことが楽しみになりました!いまはダカール?ラリーに集中しています!