<span id="bvfxh"></span>

        <noframes id="bvfxh"><span id="bvfxh"></span>
        HINO

        社員ナビゲーターを突き動かすのは
        抱える無念、広がる夢と使命感

        ナビゲーター望月 裕司日野自動車(株)
        渉外広報部

        つい考えてしまう、昨年の悔しい状況

        自分やチームを過信しているわけではない。レースに“たら?れば”がないことなど十分に理解している。それでも望月裕司は、今年1月のダカール?ラリー2019で大会2日目に菅原義正(当時の1号車ドライバーで「日野チームスガワラ」の元代表)がリタイアした状況に、未練を感じ続けてきた。

        望月は、2003年に日野自動車へ入社。パワートレーン実験部に配属されて、主にエンジン開発の実験に携わってきた。2018年に渉外広報部へ異動し、「日野チームスガワラ」のメカニックとしてダカール?ラリー2019では現地に赴いた。

        「菅原義正の車両にステアリングトラブルが発生したとき、メカニックがもしも、その場にいて、適切な対処ができていれば、リタイアにならなかったかもしれない。そうと思うと、いまでも悔しくてたまらないんです。当時の僕らは、ビバークにマシンがたどり着くことを、ただ祈りながら待つことしかできなかったわけですから」

        そんな悔しさがいまも心に強く残っている望月にとって、「日野チームスガワラ」がダカール?ラリー2020に向けて導入する新たな取り組みは、自身の望みそのものでもあった。

        ダカール?ラリー2019ではメカニックとして参戦した

        待ち続けるメカニックから、同乗する選手へ

        「日野チームスガワラ」は、ダカール?ラリー2020に向けた新たな戦略として、メカニック経験が豊富な乗員を第3の選手として追加同乗させる。これは、トラブル発生時の対応力向上を図り、総合上位を目指した攻めの走りを実現することが狙い。そして望月は、約20年ぶりとなる日野自動車の社員選手としてナビゲーターを務める。7月のシルクウェイラリー2019では、菅原照仁がドライビングする1号車に同乗。そのための準備を急ピッチで進めてきた。

        「ナビとしてラリーに参戦するには、国内で開かれるレースに参戦してライセンスを取得する必要があります。シルクウェイラリー2019までにこれを実現するため、タイトスケジュールを縫ってドライバーとしてレースに挑み、ライセンスを獲得しました」

        現地メカニックとして経験を積んだ後に、ナビとしてダカール?ラリーを闘う。これが実現されれば望月は、ダカール?ラリーのトラック部門「排気量10リットル未満クラス」で現在10連覇を達成している照仁と、まずは同じ道をたどることになる。

        ライセンス取得のため逆輸入した愛車でレースに挑む